プラトニック・セックス <映画版> |加賀美早紀・スイートテイストな話題を、広範囲にわたってご紹介いたします。 色々な話題についてのブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラトニック・セックス <映画版> |加賀美早紀


プラトニック・セックス <映画版>プラトニック・セックス <映画版>
出演:
ポニーキャニオン
発売日 2002-04-24


友人たちにレイプされ、家族にも見放されたあおい(加賀美早紀)は、17歳の誕生日に学校の屋上から自殺を謀ろうとする。しかし、そこに届いた1通の間違いメール。あおいはその自分ではない誰かに宛てたメールの言葉に死ぬのをやめて返信する。そこから始まった顔もわからない相手トシ(小田切ジョー)とのメール交換が、その後、夜の街をさまよい身体を売って生活費を稼ぎながら生きるあおいの心の隙間を埋めてゆく…。
人気タレント飯島愛の衝撃的青春時代を告白した、100万部突破の同名ベストセラー・エッセイを原作にした青春映画。公開とほぼ同時期にTVドラマ化もなされ、その競作も話題になり、10代女性客を中心にクリーン・ヒットとなった。映画として冷たく語ると、決して目新しい題材ではないのだが、松浦雅子監督による女性ならではの繊細な目線により、ただの不良映画にはないリアリティが醸し出されているのも確かである。(的田也寸志)

みんな一緒です 2006-09-20
ほんとはみんなつらいことを持っていると思います

でも、なんとなく生きていけるのは心の拠りどころがあるからじゃないかな

私にとってのそれはテレビではしゃぐ愛さんかもしれない


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト
Copyright © スィートテイスト All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。